こんにゃくには黒いものと白いものがありますが、どこが違うのですか?

こんにゃくは、もともと白ものです。 白滝は白いですよね。だからこんにゃくも白いのです。
黒いこんにゃくは、海草の粉末(ヒジキやアラメ)を入れて黒くしてあります。
何故、黒くしたのかと言うと昔はこんにゃくを灰で固めていた為ごみが入って黒くなりました。 また、こんにゃく芋を粉にする製粉技術が未熟で、今のようにこんにゃくの粉が白くなく 黒かった為、黒いこんにゃくが出来ておりました。 その名残でこんにゃくは黒いものというイメージがあり黒く色をつけております。
生芋のこんにゃくは少し茶色がかった色になります。
余談ですが、東北地方では板こんにゃくは普通に白で売られております。 関東から西はほとんど黒いこんにゃくです。 また静岡では黒いしらたきが販売されております。 名古屋の方では、赤いこんにゃくが販売されております。 これは、鉄分を多く含んだ水でこんにゃくを作る為です。