こんにゃくに入っている液体は普通の水ですか?

こんにゃくの袋の中の水はアルカリ水です。
こんにゃくはアルカリ(水酸化カルシウム)で固めるアルカリ性の食品です。 そのアルカリと同じ濃度のアルカリ水を入れてあります。 アルカリ水は殺菌作用があるためこんにゃくは長持ちするのです。 袋を開けた後も、このアルカリ水にいれておくと日持ちがよくなります。
水道水は中性からわずかにアルカリ側です。このため水道水で保管すると、こんにゃくからアルカリが抜け傷みやすくなります。 では、いつまでもつのかというとだめになるまで・・・です。 こんにゃくはダメにになると溶けてしまいます。形のあるうちは食べられます。
ただし、開封後はできるだけ早めに食べるようにしてください。