こんにゃくの作り方を教えて?

簡単に蒟蒻の作り方を説明します。

はじめにこんにゃく粉を用意しましょう。
あとは凝固剤と呼ばれるもの、通常は水酸化カルシウムか貝殻焼成カルシウム、炭酸ナトリウム(精製ソーダ)、重曹(炭酸水素ナトリウム)、草木灰などが使われています。その他は水を使います。

水を大きなボールに入れて、泡立て器などで、かき混ぜながらこんにゃく粉を少しづつ加えてください。ゆっくり加えないと蒟蒻がダマになってしまいます。 ゆっくりとノリのようになるまで静かにかき混ぜながら加えていってください。

粉を入れ終わってムラのない状態になったら、しばらく静かに保管してください。ゆったり寝かせてから次の作業です。

次に小さいボールに水を入れて、凝固剤をゆっくり溶かしこんでいきます。これも泡だて器をつかってダマにならないように注意しながら作業してください。

先のこんにゃくが固まり始めています。手袋などを使い手で空気を含ませるように練り込んでください。しばらく練り込むとこんにゃくが白っぽくなってきます。粘りが出てきたら凝固剤を一気に入れて素早く全体を練り込みます。全体の色が均一になるように、大きく素早く練ってください。

全体が均一になったら、バットに入れて表面を手でさするように平らに整形してください。この時に中に気泡ができないように押し付けながら表面を平らに仕上げてください。粘りが強く感じる場合は水に濡らしたヘラなども上手に活用してみてください。そのままおいておけば全体が固まります。

バットから取り出して、適当なこんにゃくの仕上がりを目安にした大きさに切り、たっぷりのお湯で煮込んでください。熱湯で煮込んだら火を止めてそのまま30分ほど放置しておけば完成です。