こんにゃくはコレステロールを抑えるの?

はい。そのように言われているようです。

こんにゃくの主成分であるグルコマンナンが腸内に入ると、腸壁にたまった宿便や不純物、腸内の有害物質や老廃物、余分なコレステロールや胆汁酸などをからめとり、便として排出する働きがあると言われています。つまりコレステロールの高い食品や脂肪分の多い食品を食べるときに、こんにゃくを一緒に食べることによりそれらの吸収が抑えられると考えられているようです。